マンション・アパートオーナー様の住宅保険活用

マンション・アパートも住宅保険を使ってリフォームができる

火災保険・地震保険はマンション・アパート・店舗・工場等多岐に渡る建物に申請が有効です。
火災保険では風水害で傷んだ損傷箇所に対する保険金申請を、地震保険では東日本大震災時の給付金申請を行います。
それぞれを申請し認められた保険金をリフォーム資金にすることで実費負担を限りなく少なくしたリフォームを行う事を可能としています。

手元資金0円でリフォームやメンテナンスも可能

マンションやアパートのリフォームには一般の住宅以上に高額のまとまったリフォーム費用が必要になります。
マンション・アパートオーナー様にとって運営を行なっていく上でこの様なメンテナンス費用は悩みの種ではないでしょうか?
火災保険申請でリフォームを行う場合、保険金が下りてから工事着工が確定します。
おりた保険金の範囲内で事を行うため自己資金は完全に0円で工事を行えます。
地震保険申請でリフォームを行う場合も保険金が下りてからの工事となりますので手元資金をご用意して頂く必要はありません。
(※地震保険に関しては東日本大震災時の給付金として保険金が下りるので使用用途に規定はなく、リフォーム以外にも使途自由金してご自由に使って頂けます。)
火災保険・地震保険共に、万が一保険が使えなかった場合も手数料は無料。工事は行いません。

認められる保険金の額が大きい

アパートやマンションでは台風や雨などの風水害で認められる金額が一般の住宅に比べ高額になります。
この理由は単純に敷地面積や建物の面積に比例して、火災保険では被害面積が大きくなり、地震保険では建物の時価額に対してのパーセンテージで保険金が決まりますので必然的に認められる金額が高くなるのです。
火災保険申請で台風や雨、雪などの自然災害に対する損傷の申請と、地震保険で東日本大震災時の給付金申請も合わせて行い合計200万円の保険金がリフォームに活用できた事例もあります。
火災保険を火事以外で申請した事がない、日本大震災時に損害鑑定を受けておらず一部損の申請をまだしていないオーナー様はまず無料損害調査を受けてみる価値が十分にあります。

住宅保険適応で限りなく費用を抑えたメンテナンスをサポート

ご加入中の火災保険、地震保険を活用する事で大きなメリットを得られます。
屋根、外装、塗装など、住宅保険に精通したスペシャリストがオーナー様ご自身では手が回らない建物全体の調査・診断を隅々まで行います。
保険申請を正しい知識でサポートし、自社での工事まで一貫して行っています。
新たに保険加入して頂く必要はありませんし、何度保険を申請しても保険料が上がる事もありません。
万が一、保険申請が通らなかった場合でもお客様に一切のご請求はいたしません。
安心して保険申請から工事までをお任せ下さい。

TOP